むびろぐ

もっと自宅で映画を楽しもう!

『君の名は』遂に首位陥落!新1位は『美女と野獣』【10/2~10/8レンタルランキング】

2017年10月2日から10月8日までの週間レンタルランキングは以下のとおりでした。

1位初登場
美女と野獣
美女と野獣
2位初登場
22年目の告白 私が殺人犯です
22年目の告白 私が殺人犯です
3位初登場
ワイルド・スピード ICE BREAK
ワイルド・スピード ICE BREAK
4位前週1位
君の名は。
君の名は。
5位初登場
劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌
劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌
6位前週3位
SING/シング
SING/シング
7位前週2位
サバイバルファミリー
サバイバルファミリー
8位前週6位
チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話
チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話
9位前週5位
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
10位前週4位
この世界の片隅に
この世界の片隅に
11位前週8位
ラ・ラ・ランド
ラ・ラ・ランド
12位前週9位
PとJK
PとJK
13位前週7位
ゴースト・イン・ザ・シェル
ゴースト・イン・ザ・シェル
14位前週15位
モアナと伝説の海
モアナと伝説の海
15位前週10位
3月のライオン 前編
3月のライオン 前編
16位初登場
ブラッド・ファーザー
ブラッド・ファーザー
17位前週12位
相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断
相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断
18位初登場
マローダーズ 襲撃者
マローダーズ 襲撃者
19位前週16位
本能寺ホテル
本能寺ホテル
20位前週13位
ムーンライト
ムーンライト

ランキング寸評

先週公開したエントリーの「次週の展望」で、次はレンタルリリース開始される作品が大量にあるのでランキングに大きな変動あるかもよー、と書いたんですよ。

関連エントリー

やっぱり大きな動きがありました。

前週まで10週連続1位を獲得していた『君の名は。』が遂に首位陥落。3ヶ月近く1位を独占していたとはいえ、さすがに当初と比較すればレンタル回転数も落ちてるでしょうし、いつか順位を下げるのは仕方ない。それでも10週連続1位ってのは驚異的です。こんなの『タイタニック』以来じゃないですかね。知らんけど。

しかも初登場作品がトップ3を独占し、『君の名は。』が順位を3つ落として4位になるという衝撃の結果。これは予想できなかった。誰が予想できるかっつうの。

あまりにも強かった『君の名は。』を破る作品は何になるのか注目してましたが、今回初登場1位となったのはエマ・ワトソン主演の『美女と野獣』。劇場公開時もかなり話題になっていましたが、レンタルリリース開始と共に1位。これはもう貫禄です。

2位に初登場したのは、5人を殺害した連続殺人事件の犯人が未解決のまま時効を迎え、22年後に殺人事件を出版するという形でメディアの前に姿を現す『22年目の告白 私が殺人犯です』。

殺人犯を演じるのは、『藁の楯』でも変質的な殺人犯を演じていた藤原竜也。彼の真骨頂とも言える作品ではないでしょうか。

3位に初登場したのは『ワイルド・スピード』シリーズの8作目となる『ワイルド・スピード ICE BREAK』。

ダブル主演の1人だったポール・ウォーカーが事故死したことに加え、「ファミリー」と呼ぶほど結束力があった最初からの出演俳優陣と、ドウェイン・ジョンソンやジェイソン・ステイサムら後からシリーズに加入した俳優陣との仲が相当険悪になっていると最近のニュースでも報じられていました。まだ続編作るだろうに大丈夫なんだろうか。

5位に初登場したのは、人気アニメシリーズの劇場版としては通算21作目となる『名探偵コナン から紅の恋歌』。

これまでの劇場版コナン作品で最も興行収入的に成功したのは、前作『名探偵コナン 純黒の悪夢』での63億3,000万円だと発表されていましたが、最新作はその記録を塗り替え、68億7,000万円の興行収入を得て現時点での「最大のヒット作」となってます。レンタルリリース初週も好調。

16位に初登場したのは、ギャングとのトラブルに巻き込まれて警察や殺し屋に追われる身の娘と再会した元犯罪者の父親が娘を守るために立ち上がる『ブラッド・ファーザー』。主演は数々の問題発言や事件を起こしたせいで数年前までハリウッドから干されていたメル・ギブソン。

『エクスペンダブルズ3』などの出演機会を得て徐々に復活してきたギブソンは、昨年に自ら監督した『ハクソー・リッジ』が今年のアカデミー監督賞にノミネートされて高い評価を受け、「彼は蘇った」と喝采を浴びていました。今度は俳優としてもヒット作を取り戻したようです。

18位に初登場したのは、同一グループによる連続銀行強盗事件を追うCIA捜査官が事件の真相に迫る『マローダーズ 襲撃者』。CIA捜査官としてブルース・ウィリスが主演を務める他、元WWEのプロレスラーで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の出演により成功したデビッド・バウティスタも共演しています。

先週エントリーでの私自身の予想では、『LION/ライオン 25年目のただいま』や『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』など、アカデミー賞で話題となった作品や、出演者や題材が世界的に有名な作品がランキング上位に初登場するんじゃないかと予想してましたが、今回はランキング圏外でした。予想大ハズレ。

『ブラッド・ファーザー』や『マローダーズ 襲撃者』はレンタルリリースされる情報も知ってましたし、個人的には好きなジャンルなので見たい作品なのですが、それほど一般向きではないように感じたしランクインは厳しいかと思っていました。でもランクインしちゃうのですから、私もまだまだ勉強不足だということです。

今回残念ながら圏外へと落ちてしまったのは、

『劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』(前週11位)
『グレートウォール』(前週14位)
『ReLIFE リライフ』(前週17位)
『バーニング・オーシャン』(前週18位)
『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』(前週19位)
『キングコング:髑髏島の巨神』(前週20位)

でした。前週11位の作品が一気に圏外へ落ちちゃうというのもスゴい。

次週の展望

10月9日(月)〜10月15日(日)にレンタル開始される注目作品は、洋画や邦画ではありません。アニメ関係では何かあるかもしれませんが、そちら方面は疎いのでイマイチ把握できていません。

なので次週ランキングはそれほど変動ないはずです。ただ、『君の名は。』は今回順位を3つ落としたとはいえ、それでも一定数以上のレンタル回転は継続しているはずです。

今回上位に初登場した3作のうち『美女と野獣』はしばらく強さを発揮するでしょう。ただ他の2作は初週の勢いが2週目以降も続くのかどうか。これらの作品のレンタル回転次第では『君の名は。』が再び2位や3位に戻る可能性は大いにあると考えます。

以上、レンタルランキング情報でした。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「むびろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします