むびろぐ

もっと自宅で映画を楽しもう!

『美女と野獣』首位奪還、『ハクソー・リッジ』初登場【10/30~11/5レンタルランキング】

2017年10月30日から11月5日までの週間レンタルランキングは以下のとおりでした。

1位前週2位
美女と野獣
美女と野獣
2位前週1位
ワイルド・スピード ICE BREAK
ワイルド・スピード ICE BREAK
3位前週3位
22年目の告白 私が殺人犯です
22年目の告白 私が殺人犯です
4位前週4位
LOGAN/ローガン
LOGAN/ローガン
5位前週6位
劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌
劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌
6位前週5位
メッセージ
メッセージ
7位前週7位
君の名は。
君の名は。
8位前週10位
SING/シング
SING/シング
9位初登場
ハクソー・リッジ
ハクソー・リッジ
10位初登場
追憶
追憶
11位前週8位
ひるなかの流星
ひるなかの流星
12位前週9位
レイルロード・タイガー
レイルロード・タイガー
13位前週11位
サバイバルファミリー
サバイバルファミリー
14位前週18位
ラ・ラ・ランド
ラ・ラ・ランド
15位前週14位
モアナと伝説の海
モアナと伝説の海
16位前週12位
キング・アーサー
キング・アーサー
17位前週16位
チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話
チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話
18位前週13位
3月のライオン 後編
3月のライオン 後編
19位前週25位
ゴースト・イン・ザ・シェル
ゴースト・イン・ザ・シェル
20位前週17位
この世界の片隅に
この世界の片隅に

ランキング寸評

10月第1週に初登場1位を獲得したものの、翌週から『ワイルド・スピード ICE BREAK』に1位の座を奪われていた『美女と野獣』が今回4週ぶりに1位を奪還。『ワイルド・スピード ICE BREAK』の連続1位は3週で終了となりました。

今週の初登場作品は2作。

9位に初登場したのは、人を殺してはならないという宗教的信念を持った米軍の衛生兵が第二次大戦の激戦地で武器を持たずに奮闘する戦争作品『ハクソー・リッジ』。作品タイトルにもなっているハクソー・リッジとは戦地で難攻不落と呼ばれた高い崖のある場所のアメリカ側の呼び名。実際は沖縄県浦添市の前田高地や浦添城跡を指します。

それまで不祥事が相次ぎハリウッドから干されていたメル・ギブソンが監督を務め、主人公の青年を演じたアンドリュー・ガーフィールドと共にアカデミー賞にノミネートされ、高い評価を受けました。(編集賞と録音賞の2部門を獲得)

10位に初登場したのは、かつて幼馴染みだった3人の男が25年の時を経て「刑事」「容疑者」「被害者」の立場で再会することになる物語『追憶』。刑事を岡田准一、容疑者を小栗旬、そして殺害されてしまう被害者を柄本佑が演じています。また少年時代の3人を引き取る女性として(実生活で柄本佑と結婚した)安藤サクラも出演しています。

また前週は圏外の25位だった『ゴースト・イン・ザ・シェル』が今回19位にジャンプアップして返り咲きを果たしました。何があったんだ。

3作品のランクインにより今回圏外へと落ちてしまったのは、

『ピーチガール』(前週15位)
『代償 vol.1』(前週19位)
『本能寺ホテル』(前週20位)

以上の3作品でした。

次週の展望

11月6日(月)〜11月12日(日)のレンタル開始作品情報を見てみると、注目作品が結構たくさんあります。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ)
『パトリオット・デイ』(マーク・ウォールバーグ、ミシェル・モナハン)
『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』(ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム)
『フィフティ・シェイズ・ダーカー』(ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン)
『無限の住人』(木村拓哉、杉咲花)

他にもまだまだたくさんあるのですが、注目作品として5つチョイスしてみました。

マンチェスター・バイ・ザ・シー』は主演のケイシー・アフレックがこの作品で今年のアカデミー主演男優賞を獲得しています。兄のベン・アフレックが最近のセクハラ騒動で大変なことになってますが、弟のケイシーに悪影響が出ないことを祈ります。

パトリオット・デイ』は2013年4月15日、ボストンマラソンのゴール地点付近で発生した2発の爆弾テロを、関係者やメディアの証言を基に発生直前から容疑者拘束まで描いた緊迫感のある作品。当時の事件を知る人は是非観ておくべし。私は映画館で観ました。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』は人気シリーズの第5弾。今回ジャック・スパロウの敵となるのはハビエル・バルデム。1作目から3作目まで主要キャストだったオーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイが今作で復帰し、元ビートルズのポール・マッカートニーも出演しています。

フィフティ・シェイズ・ダーカー』は2015年に公開されたR指定作品『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編。主要キャストは今作でも続投しています。

無限の住人』は木村拓哉がSMAP解散後に初めて出演した映画として注目度の高かった作品。当時のメディアによるネガティブ報道の連発や、公開初週の観客動員数が予想以上に少なかったことなどから「大コケ」と評する意見もありますが、実際には映画自体への評価は悪くありません(むしろ良い)。

来週のランキング、大きく動くかもしれませんね。何が1位を獲得するのか楽しみです。

以上、レンタルランキング情報でした。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「むびろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします