DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)映画・全作品一覧

バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、アクアマンなど、DCコミックス原作のキャラクターたちが同じ世界観を共有する「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」。

スーパーマンのリメイクとなった『マン・オブ・スティール』を皮切りに、同じくアメリカのコミック原作ヒーローが集結した「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」に対抗するように、次々と関連作品がリリースされています。

MCUを詳しく!
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画・全作品一覧

アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、マーベル・コミック原作のキャラクターが同じ世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の作品群を紹介します。

続きを見る

他にもDCコミックス原作のヒーローは多数実写化されていますが、DCEUに含まれていない作品(他のバットマン・シリーズなど)は外しています。

DCEU シリーズ作品

マン・オブ・スティール

DCEUの1作目となった、『スーパーマン』のリブート(再始動)作品。新たなスーパーマンはヘンリー・カヴィルが演じています。

クリプトン星で誕生したカル=エル(地球上ではクラーク・ケント)がどのようにして地球へとたどり着いたのか、また地球での両親(ケビン・コスナー、ダイアン・レイン)や、恋人ロイス・レイン(エイミー・アダムス)との出会い、ゾッド将軍(マイケル・シャノン)の反乱によるクリプトン星の滅亡、そして地球におけるスーパーマンとゾッド将軍との激闘が描かれています。

マン・オブ・スティール(2013年)
【出演】ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

DCEU2作目。前作『マン・オブ・スティール』におけるスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)とゾッド将軍の大規模な戦闘により街が破壊され、自社も甚大な被害を受け怒りに燃えるブルース・ウェイン(=バットマン)、2人のヒーローが対立して闘うことになります。

バットマン役は今作からベン・アフレックに交代。執事アルフレッドをジェレミー・アイアンズ演じるなど、それまでの『ダークナイト』シリーズでのキャストが一新されました。

2人を仲介する存在としてガル・ガドット演じるワンダーウーマンが初登場。敵対する巨大企業社長レックス・ルーガー・ジュニアをジェシー・アイゼンバーグが演じています。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生(2016年)
【出演】ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、ジェシー・アイゼンバーグ、ガル・ガドット

スーサイド・スクワッド

DCコミックに登場するヴィラン(悪役)による急造チーム「スーサイド・スクワッド」が魔女エンチャントレスと対決する、DCEU3作目。

チームの紅一点でもあり、ジョーカーによって悪の道へと誘われた精神科医ハーレイ・クインをマーゴット・ロビーが演じ、コスチュームのセクシーぶりも話題となりました。

ジョーカー役はジャレッド・レト、急造チームの中心的人物にして狙撃の名手デッドショットをウィル・スミスが演じています。またチームの面々を捕らえて投獄した張本人として、ベン・アフレック演じるバットマンも登場します。

スーサイド・スクワッド(2016年)
【出演】マーゴット・ロビー、ウィル・スミス、ジャレッド・レト、カーラ・デルヴィーニュ

ワンダーウーマン

『バットマンvsスーパーマン』で初登場した、ガル・ガドット演じるワンダーウーマンの初単独作品。女性だけの島で育ったアマゾン族の王女ダイアナ(ワンダーウーマン)が、ドイツ軍の秘密を握ったアメリカ軍兵士を助けつつ、一族の敵と対峙していくDCEU4作目。

逃亡中に女性だけの島へ迷い込む兵士をクリス・パイン、幼いダイアナを厳しく訓練して戦闘術を伝授する叔母アンティオペをロビン・ライトが演じています。

ワンダーウーマン(2017年)
【出演】ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト

ジャスティス・リーグ

DCコミックのヒーローたちが集結して共通の敵と戦う、DC版アベンジャーズともいうべきDCEU5作目。

特殊能力を持つメタヒューマン、フラッシュ(エズラ・ミラー)、アクアマン(ジェイソン・モモア)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)が初登場。バットマンやワンダーウーマンなど、これまでのシリーズで出演していた俳優陣が同役で続投しています。

当初はザック・スナイダーが監督していたものの、家庭の事情により降板。代役としてジョス・ウェドンが監督を務め、作品を仕上げました。しかし2020年になってザック・スナイダーが制作した、劇場公開版とは異なる内容のバージョン「スナイダーカット版」が配信されることも発表されています。

ジャスティス・リーグ(2017年)
【出演】ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、ガル・ガドット、エズラ・ミラー

アクアマン

ジェイソン・モモア演じるアクアマンの初単独作品。DCEU6作目。

アトランティス帝国の元女王でありアーサー(アクアマン)の母親をニコール・キッドマン、アーサーに戦闘術を伝授した帝国参謀をウィレム・デフォー、アーサーと共に闘う海底国ゼベルの王女をアンバー・ハードが演じています。

アクアマン(2018年)
【出演】ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー、ニコール・キッドマン

シャザム!

DCEU7作目。奇妙な出来事を経てオトナの肉体と超能力を習得してしまった14歳の少年が、その力を以前に欲していた邪悪な男(マーク・ストロング)に命を狙われる物語。

シャザム!(2019年)
【出演】ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロング、アッシャー・エンジェル

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

『スーサイド・スクワッド』で人気となったハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)を主人公とした物語。DCEU8作目。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年)
【出演】マーゴット・ロビー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ユアン・マクレガー

ワンダーウーマン 1984

単独作品『ワンダーウーマン』の続編で、DCEUとしては9作目。ダイアナ(ガル・ガドット)を始め主要キャストが引き続き出演しています。

当初は2020年6月5日に劇場公開開始となるはずでしたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響により数回の延期が発生。現時点では2020年12月25日に劇場公開を開始すると発表されています。



© 2020 むびろぐねっと