「ランボー」シリーズ映画・全作品一覧

1982年に劇場公開された1作目は、ベトナム戦争の帰還兵が偶然流れ着いた街で、高圧的かつ陰湿な保安官の嫌がらせを受けて怒りに火がつき、たった1人で街を壊滅させるという復讐劇でした。

その後、ベトナムやアフガニスタンなど内紛状態の国や紛争中の地域に単身乗り込み敵軍と対峙する戦争アクション作品となり、シルヴェスター・スタローンにとっては『ロッキー』と共に人気シリーズとなりました。

「ランボー」シリーズ

ランボー

ベトナム戦争から帰還したものの社会から孤立していたランボー(シルヴェスター・スタローン)は、戦友を訪ねて山間部の街へ。しかし風貌を見て偏見から差別感情を抱いた街の保安官ティーズル(ブライアン・デネヒー)はランボーを街から追放しようとし、再び街に入ろうとしたランボーを逮捕してしまいます。

嫌がらせにも似た取り調べで戦争時の拷問がフラッシュバックしたランボーは警察官を襲撃して脱走。1人の兵士と街全体、さらには州兵をも巻き込んだ壮絶な戦闘へと発展していきます。

ランボー(1982年)
【出演】シルヴェスター・スタローン、ブライアン・デネヒー、リチャード・クレンナ

ランボー/怒りの脱出

シリーズ2作目。ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、ベトナム戦争時の元上官であるトラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)より、ベトナムの捕虜収容所付近に潜入し、今も囚われている戦争捕虜の証拠写真を撮影するという極秘任務を命じられます。

ベトナムへ潜入したランボーは、女性情報員バオ(ジュリア・ニクソン)の協力を得て収容所に到達。しかし捕虜たちの惨状を目にしたランボーは任務外である救出活動を開始します。

ランボー/怒りの脱出(1985年)
【出演】シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、チャールズ・ネイピア、ジュリア・ニクソン

ランボー3/怒りのアフガン

シリーズ3作目。タイの寺院で生活していたランボー(シルヴェスター・スタローン)のもとへ元上官トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)が現れ、戦争中のアフガニスタンへの支援物資供給の協力をランボーに依頼。しかしランボーは断ります。

ランボー抜きでアフガニスタンへと向かったトラウトマン大佐は、アフガニスタンの敵国であるソ連軍に捕らえられてしまい、その一報を聞いたランボーは大佐の救出作戦に参加。現地ゲリラ部隊ムジャーヒディーンのサポートを得てソ連軍の要塞へと潜入します。

ランボー3/怒りのアフガン(1988年)
【出演】シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、マーク・ド・ジョング

ランボー/最後の戦場

シリーズ4作目。タイのジャングルで生活していたランボー(シルヴェスター・スタローン)は、自らが案内したNGOグループがミャンマーの軍政政権に捕らえられたことを知り、傭兵団と共に救出へと向かいます。

過去シリーズ全作に出演していた、元上官トラウトマン大佐を演じたリチャード・クレンナは2003年に死去していたため、今作では回想シーンのみ過去の映像で登場しています。

ランボー/最後の戦場(2008年)
【出演】シルヴェスター・スタローン、ジュリー・ベンツ、マシュー・マースデン

ランボー ラスト・ブラッド

シリーズ5作目。アメリカへと戻ったランボー(シルヴェスター・スタローン)は、旧友マリア(アドリアナ・バラッザ)と、その孫娘ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)と共に牧場で生活。ある日、消息不明だった父の居所が判明したことでガブリエラはメキシコへ。しかし父に突き放されたガブリエラはメキシコの麻薬カルテルに拉致されてしまいます。

ガブリエラが失踪したことを知ったランボーは救出へと向かいます。

ランボー ラスト・ブラッド(2019年)
【出演】シルヴェスター・スタローン、パス・ベガ、アドリアナ・バラッザ



© 2020 むびろぐねっと