第87回(2014年度)アカデミー賞、主要6部門の受賞結果

第87回アカデミー賞授賞式は、2014年の映画を対象とし、2015年2月22日(現地時間)にアメリカで開催されました。

俳優部門は4名とも初受賞。主演女優賞のジュリアン・ムーアは通算5回目のノミネートで悲願の初オスカーとなりました。

主演男優賞は最有力と言われていたマイケル・キートンではなく、エディ・レッドメインが受賞するという大サプライズ。受賞したエディ・レッドメイン本人は絶叫し、賞を逃したマイケル・キートンは受賞スピーチ用のメモをコッソリ隠す場面が放送で流され、好対照な様子が映し出されました。

Embed from Getty Images

助演女優賞

受賞 パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
ノミネート ローラ・ダーン 『わたしに会うまでの1600キロ』
ノミネート キーラ・ナイトレイ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
ノミネート エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ノミネート メリル・ストリープ 『イントゥ・ザ・ウッズ』

助演男優賞

受賞 J・K・シモンズ 『セッション』
ノミネート ロバート・デュヴァル 『ジャッジ 裁かれる判事』
ノミネート イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
ノミネート エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ノミネート マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』

主演女優賞

受賞 ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
ノミネート マリオン・コティヤール 『サンドラの週末』
ノミネート フェリシティ・ジョーンズ 『博士と彼女のセオリー』
ノミネート ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
ノミネート リース・ウィザースプーン 『わたしに会うまでの1600キロ』

主演男優賞

受賞 エディ・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』
ノミネート スティーブ・カレル 『フォックスキャッチャー』
ノミネート ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・スナイパー』
ノミネート ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
ノミネート マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

監督賞

受賞 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ノミネート ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
ノミネート リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』
ノミネート ベネット・ミラー 『フォックスキャッチャー』
ノミネート モルテン・ティルドゥム 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

作品賞

受賞 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ノミネート 『アメリカン・スナイパー』
ノミネート 『6才のボクが、大人になるまで。』
ノミネート 『グランド・ブダペスト・ホテル』
ノミネート 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
ノミネート 『グローリー/明日への行進』
ノミネート 『博士と彼女のセオリー』
ノミネート 『セッション』

第87回(2014年度)アカデミー賞の関連記事

この年の受賞作品がズラリ
第87回(2014年度)アカデミー賞、受賞・ノミネート作品一覧

最多ノミネート9部門で並んでいた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と『グランド・ブダペスト・ホテル』はそれぞれ4部門でオスカーを獲得。日本関連では高畑勲監督の遺作『かぐや姫の物語』がノミネートされました。

続きを見る

アカデミー賞アーカイブ