第84回(2011年度)アカデミー賞、主要6部門の受賞結果

第84回アカデミー賞授賞式は、2011年の映画を対象とし、2012年2月24日(現地時間)にアメリカで開催されました。

作品賞のノミネート本数は前年まで「10本固定」でしたが、この年から「アカデミー会員による1位指名が全体の5%を超えた5〜10本」と変動するように変更されました。この年は作品賞に9本がノミネートされています。

82歳で主演男優賞を獲得したクリストファー・プラマーは、演技部門の受賞者としては史上最年長記録を更新。

また主演女優賞を獲得したメリル・ストリープは通算3回目のオスカー獲得。演技部門のオスカー獲得数としては史上2位タイとなっています(1位はキャサリン・ヘプバーンの4回)。

Embed from Getty Images

助演女優賞:オクタヴィア・スペンサー

受賞 オクタヴィア・スペンサー 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
ノミネート ベレニス・ベジョ 『アーティスト』
ノミネート ジェシカ・チャステイン 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
ノミネート メリッサ・マッカーシー 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』
ノミネート ジャネット・マクティア 『アルバート氏の人生』
Embed from Getty Images

助演男優賞:クリストファー・プラマー

受賞 クリストファー・プラマー 『人生はビギナーズ』
ノミネート ケネス・ブラナー 『マリリン 7日間の恋』
ノミネート ジョナ・ヒル 『マネーボール』
ノミネート ニック・ノルティ 『ウォーリアー』
ノミネート マックス・フォン・シドー 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
Embed from Getty Images

主演女優賞:メリル・ストリープ

受賞 メリル・ストリープ 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
ノミネート グレン・クローズ 『アルバート氏の人生』
ノミネート ヴィオラ・デイヴィス 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
ノミネート ルーニー・マーラ 『ドラゴン・タトゥーの女』
ノミネート ミシェル・ウィリアムズ 『マリリン 7日間の恋』
Embed from Getty Images

主演男優賞:ジャン・デュジャルダン

受賞 ジャン・デュジャルダン 『アーティスト』
ノミネート デミアン・ビチル 『明日を継ぐために』
ノミネート ジョージ・クルーニー 『ファミリー・ツリー』
ノミネート ゲイリー・オールドマン 『裏切りのサーカス』
ノミネート ブラッド・ピット 『マネーボール』
Embed from Getty Images

監督賞:ミシェル・アザナヴィシウス

受賞 ミシェル・アザナヴィシウス 『アーティスト』
ノミネート ウディ・アレン 『ミッドナイト・イン・パリ』
ノミネート テレンス・マリック 『ツリー・オブ・ライフ』
ノミネート アレクサンダー・ペイン 『ファミリー・ツリー』
ノミネート マーティン・スコセッシ 『ヒューゴの不思議な発明』
Embed from Getty Images

作品賞:『アーティスト』

受賞 『アーティスト』
ノミネート 『ファミリー・ツリー』
ノミネート 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
ノミネート 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
ノミネート 『ヒューゴの不思議な発明』
ノミネート 『ミッドナイト・イン・パリ』
ノミネート 『マネーボール』
ノミネート 『ツリー・オブ・ライフ』
ノミネート 『戦火の馬』
Embed from Getty Images

第84回(2011年度)アカデミー賞の関連記事

この年の受賞作品がズラリ
第84回(2011年度)アカデミー賞、受賞・ノミネート作品一覧

最多ノミネートはマーティン・スコセッシ監督作品『ヒューゴの不思議な発明』の11部門。続いて『アーティスト』が10部門。結果はどちらも5部門受賞となり、作品賞、監督賞、主演男優賞は『アーティスト』が獲得しました。

続きを見る

アカデミー賞アーカイブ