第78回(2005年度)アカデミー賞、主要6部門の受賞結果

第78回アカデミー賞授賞式は、2005年の映画を対象とし、2006年3月5日(現地時間)にアメリカで開催されました。

ジョージ・クルーニーは『シリアナ』で助演男優賞を受賞し、初のオスカー獲得。また彼の監督作品『グッドナイト&グッドラック』では監督賞と脚本賞にもノミネートされるなど、幅広い活動が評価されました。

その他の俳優部門も、主演女優賞(リース・ウィザースプーン)、主演男優賞(フィリップ・シーモア・ホフマン)、助演女優賞(レイチェル・ワイズ)と全員が初のオスカー獲得。フレッシュな顔ぶれとなりました。

作品賞は『クラッシュ』、監督賞は『ブロークバック・マウンテン』のアン・リーが獲得。主要6部門の全てが異なる作品となる珍しいケースでした。

日本の芸者を描き、渡辺謙や役所広司など多数の日本人俳優が出演した『SAYURI』は6部門にノミネートされ、美術賞など3部門を受賞しました。

他に日本関連では、宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』が長編アニメ映画賞にノミネートされています。

Embed from Getty Images

助演女優賞:レイチェル・ワイズ

受賞 レイチェル・ワイズ 『ナイロビの蜂』
ノミネート エイミー・アダムス 『Junebug(原題)』
ノミネート キャサリン・キーナー 『カポーティ』
ノミネート フランシス・マクドーマンド 『スタンドアップ』
ノミネート ミシェル・ウィリアムズ 『ブロークバック・マウンテン』
Embed from Getty Images

助演男優賞:ジョージ・クルーニー

受賞 ジョージ・クルーニー 『シリアナ』
ノミネート マット・ディロン 『クラッシュ』
ノミネート ポール・ジアマッティ 『シンデレラマン』
ノミネート ジェイク・ギレンホール 『ブロークバック・マウンテン』
ノミネート ウィリアム・ハート 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
Embed from Getty Images

主演女優賞:リース・ウィザースプーン

受賞 リース・ウィザースプーン 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』
ノミネート ジュディ・デンチ 『ヘンダーソン夫人の贈り物』
ノミネート フェリシティ・ハフマン 『トランスアメリカ』
ノミネート キーラ・ナイトレイ 『プライドと偏見』
ノミネート シャーリーズ・セロン 『スタンドアップ』
Embed from Getty Images

主演男優賞:フィリップ・シーモア・ホフマン

受賞 フィリップ・シーモア・ホフマン 『カポーティ』
ノミネート テレンス・ハワード 『ハッスル&フロウ』
ノミネート ヒース・レジャー 『ブロークバック・マウンテン』
ノミネート ホアキン・フェニックス 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』
ノミネート デヴィッド・ストラザーン 『グッドナイト&グッドラック』
Embed from Getty Images

監督賞:アン・リー

受賞 アン・リー 『ブロークバック・マウンテン』
ノミネート ベネット・ミラー 『カポーティ』
ノミネート ポール・ハギス 『クラッシュ』
ノミネート ジョージ・クルーニー 『グッドナイト&グッドラック』
ノミネート スティーヴン・スピルバーグ 『ミュンヘン』
Embed from Getty Images

作品賞:『クラッシュ』

受賞 『クラッシュ』
ノミネート 『ブロークバック・マウンテン』
ノミネート 『カポーティ』
ノミネート 『グッドナイト&グッドラック』
ノミネート 『ミュンヘン』
Embed from Getty Images

第78回(2005年度)アカデミー賞の関連記事

この年の受賞作品がズラリ
第78回(2005年度)アカデミー賞、受賞・ノミネート作品一覧

最多ノミネートは『ブロークバック・マウンテン』の8部門。アン・リーが監督賞を獲得するなど3部門を受賞しました。最多受賞は『ブロークバック・マウンテン』の他に『クラッシュ』『SAYURI』『キング・コング』がそれぞれ3部門受賞で並びました。

続きを見る

アカデミー賞アーカイブ