第76回(2003年度)アカデミー賞、主要6部門の受賞結果

第76回アカデミー賞授賞式は、2003年の映画を対象とし、2004年2月29日(現地時間)にアメリカで開催されました。

この年最多となる11部門にノミネートされた『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』は、その11部門全てを受賞する快挙を達成。主要6部門では作品賞と監督賞(ピーター・ジャクソン)を受賞しています。

『ミスティック・リバー』は、主演男優賞(ショーン・ペン)と助演男優賞(ティム・ロビンス)、演技部門の2つを獲得しました。

『モンスター』で初のオスカー獲得となったシャーリーズ・セロンは、この作品のため体重を14kg増量するなど過酷な肉体改造を実践。その後のダイエットで14kg減量し、授賞式当日には元通りの体重に。

日本関連では、『ラスト サムライ』で明治初期の士族を演じた渡辺謙が助演男優賞にノミネート。日本人俳優が演技部門でノミネートされたのは史上4人目でした。

同じく『ラスト サムライ』に出演していた真田広之が主演した、山田洋次監督作品『たそがれ清兵衛』が外国語映画賞にノミネートされました。

Embed from Getty Images

助演女優賞:レネー・ゼルウィガー

受賞 レネー・ゼルウィガー 『コールド マウンテン』
ノミネート ショーレ・アグダシュルー 『砂と霧の家』
ノミネート パトリシア・クラークソン 『エイプリルの七面鳥』
ノミネート マーシャ・ゲイ・ハーデン 『ミスティック・リバー』
ノミネート ホリー・ハンター 『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』
Embed from Getty Images

助演男優賞:ティム・ロビンス

受賞 ティム・ロビンス 『ミスティック・リバー』
ノミネート アレック・ボールドウィン 『The Cooler(原題)』
ノミネート ベニチオ・デル・トロ 『21グラム』
ノミネート ジャイモン・フンスー 『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』
ノミネート 渡辺謙 『ラスト サムライ』
Embed from Getty Images

主演女優賞:シャーリーズ・セロン

受賞 シャーリーズ・セロン 『モンスター』
ノミネート ケイシャ・キャッスル=ヒューズ 『クジラの島の少女』
ノミネート ダイアン・キートン 『恋愛適齢期』
ノミネート サマンサ・モートン 『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』
ノミネート ナオミ・ワッツ 『21グラム』
Embed from Getty Images

主演男優賞:ショーン・ペン

受賞 ショーン・ペン 『ミスティック・リバー』
ノミネート ジョニー・デップ 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
ノミネート ベン・キングズレー 『砂と霧の家』
ノミネート ジュード・ロウ 『コールド マウンテン』
ノミネート ビル・マーレイ 『ロスト・イン・トランスレーション』
Embed from Getty Images

監督賞:ピーター・ジャクソン

受賞 ピーター・ジャクソン 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』
ノミネート フェルナンド・メイレレス 『シティ・オブ・ゴッド』
ノミネート ソフィア・コッポラ 『ロスト・イン・トランスレーション』
ノミネート ピーター・ウィアー 『マスター・アンド・コマンダー』
ノミネート クリント・イーストウッド 『ミスティック・リバー』
Embed from Getty Images

作品賞:『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』

受賞 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』
ノミネート 『ロスト・イン・トランスレーション』
ノミネート 『マスター・アンド・コマンダー』
ノミネート 『ミスティック・リバー』
ノミネート 『シービスケット』
Embed from Getty Images

第76回(2003年度)アカデミー賞の関連記事

この年の受賞作品がズラリ
第76回(2003年度)アカデミー賞、受賞・ノミネート作品一覧

最多ノミネート並びに最多受賞は『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の11部門。『ベン・ハー』『タイタニック』と並んで歴代最多受賞タイ記録となっています。6部門にノミネートされた『ミスティック・リバー』は主演男優賞と助演男優賞を受賞しました。

続きを見る

アカデミー賞アーカイブ