「ターミネーター」シリーズ映画の全作品一覧

ジェームズ・キャメロンが監督を務め、アーノルド・シュワルツェネッガーの名を一躍有名にしたアクション作品。第1作目が大ヒットとなり、以降シリーズ化されました。

シュワルツェネッガーが政治家となり俳優業を休業していた期間も続編が制作されています。近年シュワルツェネッガーが俳優業に復帰した際、シリーズにカムバックしました。

ターミネーター

シリーズ1作目。

平凡な女性、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)。彼女を抹殺するため未来から送り込まれてきた機械兵器ターミネーター、T-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)。そしてサラを護るため、同じく未来から送り込まれてきたカイルという青年(マイケル・ビーン)。

何度反撃しても執拗にサラの命を狙い続けるターミネーター。逃亡の途中、サラはカイルから、核戦争が起こった後の未来、人類と機械生命体との闘いを聞かされます。

ターミネーター(1984年)【原題】The Terminator【監督】ジェームズ・キャメロン【出演】アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マイケル・ビーン

ターミネーター2

シリーズ2作目。前作から10年後という設定で描かれています。

近未来に起こる核戦争、その後に地球を支配する機械生命体「スカイネット」。そのスカイネットを開発したサイバーダイン社を爆破しようとしたサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)。しかし爆破は失敗し、精神病患者として警察病院に隔離されていました。

サラの息子、ジョン・コナー(エドワード・ファーロング)は母の逮捕により義父母に預けられ、非行に走る日々。母が言った核戦争や機械生命体の話は信じていません。

そんなジョンの前に2体のターミネーターが出現。10年前に母を抹殺しようとしたT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)、そして液体金属で構成された最新モデルのT-1000(ロバート・パトリック)。

ターミネーター2(1991年)【原題】Terminator 2: Judgment Day【監督】ジェームズ・キャメロン【出演】アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング

ターミネーター3

シリーズ3作目。今作から監督がジョナサン・モストウに交代。前作シリーズまでの主要キャストのうちアーノルド・シュワルツェネッガーだけが続投しています。(リンダ・ハミルトンの演じたサラ・コナーは死んだことにされていました)

前作から10年後、青年に成長したジョン・コナー(ニック・スタール)のもとへ、またしても未来から機械生命体ターミネーターが送り込まれてきます。1つはT-1000を更に改良した女性型殺人兵器、T-X(クリスタナ・ローケン)、もう1つはT-800の改良型であるT-850(アーノルド・シュワルツェネッガー)でした。

ターミネーター3(2003年)【原題】Terminator 3: Rise of the Machines【監督】ジョナサン・モストウ【出演】アーノルド・シュワルツェネッガー、ニック・スタール、クリスタナ・ローケン

ターミネーター4

シリーズ4作目。核戦争の後の世界が描かれ、キャストも一新。2作目までサラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトンが声だけで出演しています。

核戦争の後、地球を支配するようになった機械軍「スカイネット」は人類抹殺のため人間に似た機械生命体「T-800」の開発に着手。

一方、機械軍と戦う反乱軍のリーダー、ジョン・コナー(クリスチャン・ベール)は機械軍から暗殺のターゲットにされていると知ります。同じく暗殺リストに載っていた孤児の少年カイル(アントン・イェルチン)は、ターミネーターに襲われていたマーカス(サム・ワーシントン)の窮地を救います。

ターミネーター4(2009年)【原題】Terminator Salvation【監督】マックG【出演】クリスチャン・ベール、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン

ターミネーター:新起動/ジェニシス

シリーズ5作目。2003年から2011年まで政治家に転身し、カリフォルニア州知事を務めていたシュワルツェネッガーがシリーズに復帰。ジェームズ・キャメロンも制作に協力しています。

過去シリーズのリブート版というべき内容で、ある事件により歴史が改変されたという設定となり、登場人物は過去シリーズを踏襲していますが、内容に変化があり、3作目&4作目とは異なる世界軸となっています(つまり、3作目&4作目は「なかったこと」にされています)。

当初は新たな3部作の1作目となるはずでしたが、酷評されたこともあり、新3部作の計画は中止されています。

新たな設定となる若きサラ・コナー役にはエミリア・クラークが抜擢され、新たなT-1000はイ・ビョンホンが演じています。

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年)【原題】Terminator Genisys【監督】アラン・テイラー【出演】アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク

ターミネーター:ニュー・フェイト

シリーズ6作目。しかし『ターミネーター2』の正当な続編であると宣言され、時間軸としては2作目の続きということになります。(これにより3作目と4作目の時間軸は「完全に」なかったことに…)

1作目&2作目の監督だったジェームズ・キャメロンがシリーズに復帰し、リンダ・ハミルトンも28年ぶりにサラ・コナー役でシリーズ復帰となりました。

ターミネーター:ニュー・フェイト(2019年)【原題】Terminator: Dark Fate【監督】ジェームズ・キャメロン【出演】リンダ・ハミルトン、アーノルド・シュワルツェネッガー、マッケンジー・デイヴィス

洋画