「オーシャンズ」シリーズ

1960年、フランク・シナトラ主演で制作された映画『オーシャンと十一人の仲間』を、2001年にスティーブン・ソダーバーグ監督がリメイク。主人公ダニエル・オーシャンをジョージ・クルーニーが演じ、彼と仲間たちによる大掛かりな窃盗の数々を描き、豪華キャストの競演も話題を呼んで人気シリーズとなりました。

2018年にはダニエル・オーシャンの妹、デビー・オーシャンをサンドラ・ブロックが演じ、女性版オーシャンズとして新たな続編も制作されています。

「男性版」オーシャンズ・シリーズ

オーシャンズ11

4年間服役していた窃盗のプロ、ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)が、仮釈放中に銀行の金庫襲撃を企て、8人の窃盗プロ集団を集めて実行するクライム・サスペンス。

オーシャンも信用する参謀的存在ラスティをブラッド・ピット、伝説的泥棒を父に持ち、自身も窃盗のプロを自称しながらチームではガキ扱いされるライナスをマット・デイモン、オーシャンたちが今回狙った巨大金庫の所有者で極悪非道な大富豪ベネディクトをアンディ・ガルシア、その恋人でオーシャンの元妻でもあるテスをジュリア・ロバーツなどなど、豪華キャストが集結しています。

オーシャンズ12

前作の窃盗事件から数年後、被害者である大富豪ベネディクトがオーシャンたちチームに盗んだ大金を利子付きで返却するよう脅迫。場所を変えヨーロッパで数々の窃盗を企てるものの、世界一の泥棒を自称するナイト・フォックスにことごとく先を越され、窮地に立たされるという第2弾。

オーシャンを演じるジョージ・クルーニーや、ラスティを演じるブラッド・ピットなど主要メンバーは続投。前作でベネディクトの恋人だった、ジュリア・ロバーツ演じるテスは、今作ではオーシャンとヨリを戻して再婚したという設定になっています。

ライバルとなる泥棒ナイト・フォックスを演じるのはヴァンサン・カッセル、窃盗事件を追うヨーロッパの女性捜査官でラスティの元恋人イザベルをキャサリン・ゼタ・ジョーンズが演じています。

今作では人手が不足したオーシャンたちを助けるため、専業主婦になったテス(ジュリア・ロバーツ)が窃盗チームに参加するハメとなり、ハリウッド女優ジュリア・ロバーツ(演じるのはもちろん本人)になりすます、という奇妙な一人二役となっています。

オーシャンズ13

シリーズ3作目。オーシャンの仲間の一人、ルーベンが大富豪バンク(演じるのはアル・パチーノ)にダマされ、そのショックで心筋梗塞を発症。ウワサを聞いたオーシャンたちは報復のため、バンクが経営するホテルのカジノ強盗計画を遂行します。

前作まで憎き敵だったベネディクト(アンディ・ガルシア)が今回は協力者(スポンサー)としてオーシャンの味方となりつつ、前作でも登場したナイト・フォックス(ヴァンサン・カッセル)と結託し、盗んだダイヤを横取りしようと企てるなど、敵と味方が入り乱れたクライム・サスペンスとなっています。

「女性版」オーシャンズ・シリーズ

オーシャンズ8

前作までの主人公ダニー・オーシャンの妹、デビーを新たに主人公とした女性版オーシャンズ。5年8ヶ月の服役を終えて出所したデビーはサンドラ・ブロックが演じています。

デビーの旧友で今回も窃盗計画に参加する参謀ルーをケイト・ブランシェット、他にも窃盗チームのメンバーとしてオークワフィナ、リアーナ、ヘレナ・ボナム・カーターなど個性豊かな女優陣が多数出演しています。

女性窃盗チームの標的となる女優ダフネはアン・ハサウェイが演じた他、ケイティ・ホームズ、キム・カーダシアン、カイリー・ジェンナー、ジジ・ハディッド、ヘイリー・ボールドウィン、マリア・シャラポワ、セリーナ・ウィリアムズといった女優・モデル・スポーツ界の美女たちが本人役でカメオ出演しています。

前作までの主人公だったダニー・オーシャンは死去したことになっており、今作ではダニーの墓も登場しました。前3作すべてに出演していたバーニー・マックがシリーズ後に死去したこともあり、ジョージ・クルーニーは以降のオーシャンズ・シリーズに出演しないと明言しています。



Copyright© むびろぐねっと , 2020 All Rights Reserved.